王家の血筋ではない彼女がオルク王国の王位に就いた理由を知る者は少ない。
普段はおっとりとした性格だが、政治においては的確な判断を下し、オルク王国の危機を救ってきた。